ミニピルとは

「ピル」というと、低用量ピルをイメージする方がほとんどだと思います。

低用量ピルとは「黄体ホルモン(=プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(=エストロゲン)」の2種類が配合された薬剤のことを言います。

一方、ミニピルとは「黄体ホルモンのみ」が配合されている薬剤のことを言います。

エストロゲンを含んでいないことから、プロゲストーゲン・オンリー・ピル(POP)とも言われています。

そのためミニピルは低用量ピルと比較して、エストロゲンの影響を受けないため血栓症のリスクがほとんどなく、40歳以上の方、タバコを吸われる方、授乳中の方、前兆を伴う片頭痛のある方、血栓症リスクのある方、美容目的でトラネキサム酸を内服中の方など、今まで低用量ピルが内服できなかった方でも、内服することが可能です。

当院で処方するミニピルはアザリアというプロゲストーゲン・オンリー・ピル(POP)で、月経困難症やPMS(生理前の心身の不調)を改善してくれる効果が高く、さらに高い避妊効果もあり、世界中でとても多くの女性に支持されている薬剤です。

ミニピルの効果

ミニピルには休薬期間がないため、基本的には生理が起きない仕組みになっています。

そのため低用量ピルの休薬期間にあった消退出血がなくなり、低用量ピルでは改善が乏しかった生理痛に対しても、より高い改善効果を発揮してくれる可能性があります。

さらにミニピルは、低用量ピルと同様、99%以上の避妊効果を認めます。

まずは排卵を起こさないようにする仕組みで妊娠を予防しています。

さらに子宮頚管粘液の状態も変化するため精子の侵入を防ぎ、子宮内膜を薄い状態で保ってくれるため受精卵の着床を防ぐことができます。

これらの作用機序により、高い避妊効果を保つことが可能です。

ただし大前提として低用量ピルもミニピルも、これらの効果は、正しく服用した場合に限ります。

毎日決まった時間に服用することが決められているため、飲み忘れた場合にはこれらの効果が軽減します。

ミニピルが適している方

血栓症リスクの高い方や、低用量ピルでは生理痛改善が乏しい方、副作用があり低用量ピルを内服できない方などがミニピルの良い適用になると考えています。

  • 40歳以上の方
  • 喫煙する方
  • 授乳中の方
  • 前兆を伴う片頭痛のある方
  • 低用量ピルの血栓症リスクが心配な方
  • 低用量ピルでは生理痛改善が乏しい方
  • 低用量ピルによる副作用で悩まれている方
  • トラネキサム酸を内服中の方
  • 高度の肥満の方など

これらに当てはまる方は、ミニピルが良い適用になると考えています。

ミニピルご希望の方は、どんなことでもお気軽にご相談ください。

ミニピルが飲めない方

以下の項目に該当する方は、ミニピルの服用ができません。

  • 血栓症の既往がある方
  • 乳がんや悪性腫瘍などの既往がある方
  • 重篤な肝障害のある方
  • デソゲストレル配合薬でアレルギーのある方(マーベロン・ファボワールなど)
  • 18歳以下の方
  • 高度の高血圧症の方
  • 糖尿病の方など

ミニピルの服用方法

ミニピルには休薬期間がなく、基本的には消退出血が起こりません。

そのため低用量ピルのような消退出血が起こらないという点が特徴的です。

生理が始まった日からお薬をスタートして、同じ時間に1日1錠服用します。

生理が始まった日から5日以内には内服をスタートしましょう。

1シートの服用が終わったら、29日目からは新しいシートを服用します。

ミニピルは、同じ時間に服用することが大切で、12時間以上遅れて内服してしまうと、効果が薄れてしまう可能性があります。

また内服時間が遅れてしまうと、不正出血につながるため、アラームなどをセットして、同じ時間に服用できるように対策しましょう。

ミニピルの副作用

不正出血

ミニピルは副作用の少ないお薬ですが、服用して3ヶ月以内は不正出血が出る場合がよくみられます。

通常は3ヶ月以上きちんと服用を続けることで、ほとんどの方で不正出血はなくなっていきます。

不正出血があった場合でも、決められた通り服用できていれば避妊の効果が少なくなることはありません。

また服用時間が遅れた場合や、下痢や体調不良の時も腸からの吸収が悪くなり不正出血が見られることがあります。

休薬期間がないため基本的には生理の出血が無くなりますが、毎月生理の時のように決まった周期で少量の出血を伴う方もいらっしゃいます。

吐き気・頭痛・乳房の痛みなど

低用量ピルと比べると少ない印象ですが、服用をスタートしたばかりの時期に吐き気や頭痛、乳房の痛みなどを感じる場合があります。

また、気分の落ち込みなどの症状が出る場合もあります。

服用を続けていくと落ち着いてくることがほとんどですが、症状が続く場合にはご相談ください。

低用量ピルと比べると強い副作用が出ることはまれで、とても使いやすいお薬です。

ミニピルを飲み忘れた時の対応

ミニピルは、低用量ピルと同様で、決められた時間に服用しなければ、期待される避妊の効果を得ることができません。

ミニピルを飲み忘れた時は、12時間以内と12時間以上経過している時で異なりますので、それぞれご紹介します。

12時間以内の場合

12時間以内の飲み忘れの場合には、飲み忘れに気づいた時に服用して、その次の服用する分は決められた時間に飲んでください。この場合には避妊効果は保たれています。

12時間以上遅れた場合

12時間以上服用を忘れてしまった場合も、飲み忘れに気づいた時に服用して、その次の服用する分は決められた時間に飲んでください。

ただし、この場合には避妊効果が減弱しているため、その後7日間はコンドーム等の別の避妊法も併用してください。

もし、ミニピルの服用が12時間以上遅れてしまい、避妊なしの性行為があった場合には、アフターピルも処方することができますので、ご相談ください。

ピルの比較

ミニピル ミニピルは、女性ホルモンであるエストロゲンを含まない、プロゲステロン単独のピルです。 血栓症のリスクがほとんどないことから、年齢や体質などの制限が少なく、低用量ピルが飲めなかった方でも服用できる方が多くおられます。
低用量ピル 低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの両方を含むピルです。 ニキビの改善などにも優れており、毎日決められた時間に服用することで高い避妊効果も期待できます。
アフターピル アフターピルとも呼ばれる緊急避妊薬です。 避妊に失敗した場合に用いられます。 ピルを服用し忘れた、コンドームが破けたなどの可能性がある場合に服用されます。 緊急避妊薬には、排卵や着床を阻害する働きがあり、避妊失敗の72時間以内と120時間以内に効果がある2種類のアフターピルがあります。

ミニピルのよくある質問

Q1. ミニピルはいつから効果がありますか?

生理開始日から(遅くとも5日以内に)服用を開始すると、服用し始めた日から7日後から避妊効果が期待できます。

そのため最初の7日間は、コンドームなどの避妊方法を併用してください。

Q2. ミニピルを飲み始めて生理が来ないのですが大丈夫ですか?

ミニピルは休薬期間がないため、基本的には生理が起こらないお薬です。

ただし、毎月生理の時のように決まった周期で少量の出血を伴う方もいらっしゃいます。

その場合でも飲み忘れなく服用できていれば避妊効果が少なくなることはありません。

Q3. ミニピルが向いている人はいますか?

血栓症リスクの高い方や、低用量ピルでは生理痛改善が乏しい方、副作用があり低用量ピルを内服できない方などがミニピルの良い適用になると考えています。

  • 40歳以上の方
  • 喫煙する方
  • 授乳中の方
  • 前兆を伴う片頭痛のある方
  • 低用量ピルの血栓症リスクが心配な方
  • 低用量ピルでは生理痛改善が乏しい方
  • 低用量ピルによる副作用で悩まれている方
  • トラネキサム酸を内服中の方
  • 高度の肥満の方など

これらに当てはまる方は、ミニピルが良い適用になると考えています。

ミニピルをご希望の方は、どんなことでもお気軽にご相談ください。

Q4. ミニピルを飲んでいる時に風邪薬や胃腸薬を服用しても良いですか?

一般的な風邪薬や胃腸薬はミニピルを服用している時も影響を与えることはないため、問題ありません。

ミニピルは、血栓症のリスクがほとんどないため、低用量ピルとの併用ができない「トラネキサム酸」の併用も可能です。

ただし、以下の薬はミニピルとの相互作用でお互いの血中濃度に影響を与える可能性があるため、注意をしましょう。

  • 抗HIV薬
  • 抗結核薬
  • C型肝炎治療薬
  • 肺高血圧治療薬
  • 高血圧、狭心症、不整脈治療薬
  • 抗てんかん薬
  • 双極性障害治療薬(ラモトリギン)
  • 免疫抑制薬(シクロスポリン)
  • 抗生剤(クラリスロマイシン、エリスロマイシン)
  • 抗真菌薬(ケトコナゾール、イトラコナゾール、フルコナゾール)
  • セントジョーンズワート

Q5. ミニピルが内服できない人はいますか?

以下の項目に該当する方は、ミニピルの服用ができません。

  • 血栓症の既往がある方
  • 乳がんや悪性腫瘍などの既往がある方
  • 重篤な肝障害のある方
  • デソゲストレル配合薬でアレルギーのある方(マーベロン・ファボワールなど)
  • 18歳以下の方
  • 高度の高血圧症の方
  • 糖尿病の方など

【まとめ】

ミニピルは低用量ピルと比較して、エストロゲンの影響を受けないため血栓症のリスクがほとんどなく、40歳以上の方、タバコを吸われる方、授乳中の方、前兆を伴う片頭痛のある方、血栓症リスクのある方など、今まで低用量ピルが内服できなかった方でも、内服することが可能です。

ミニピルをご希望の方は、どんなことでもお気軽にご相談ください。