ハイフ(HIFU)

HIFU

女性のお悩みの専門家

婦人科だからできる
小顔美肌 ハイフ

  • しわ・たるみにアプローチ
  • 小顔美肌効果
  • リフトアップ効果

トライアルキャンペーン実施中

初回全コース 最大20%割引✨

人気施術ランキング

plan
価格
1位 ハイフアイシャワー 26,000円
2位 ハイフシャワー 28,000円
3位 頬リフト 39,000円

目周り、頬、輪郭については、特に高い効果が認められるため、人気の施術となっております。
ハイフが初めてで迷われている方は、まずはこちらの施術を推奨いたします。

ハイフ(HIFU) 料金プラン

価格
鼻下 1,800円
顎下 19,000円
21,000円
ハイフアイシャワー 26,000円
ハイフシャワー 28,000円
頬リフト 39,000円
全顔 67,000円

頬リフトアップ+首、頬リフトアップ+ハイフシャワーなどプレミアムプランもご用意しております。

どんなことでも、お気軽に当院までご相談ください。上記金額は税別表記となっております。
24時間WEB予約かお電話にてまずはお問い合わせください。

ハイフで期待できる効果

effect
  • Point 1

    小顔美肌効果

    ハイフを取り入れると、お肌のハリが向上する効果があるため、フェイスラインやほうれい線のたるみの解消が期待できます。

    これは、ハイフが皮下組織と表情筋の間にある「SMAS筋膜」にアプローチできるためです。
    顔のたるみは、この「SMAS筋膜」の緩みと考えられており、加齢などで皮膚を支えられなくなることで起こります。

    ハイフは、この「SMAS筋膜」層に、メスを使わずにピンポイントで熱エネルギーを照射できるようになり、効果的にお肌のハリの向上が期待できます。
    肌への負担も軽減して、施術後のダウンタイムもほとんどないため、手軽に肌のたるみを改善することが可能です。

  • Point 2

    肌質の改善効果

    ハイフを照射すると、熱エネルギーを受けたお肌は、ダメージを修復しようとコラーゲンやエラスチンなどの成分が活発に生成されます。
    この作用は、照射した時だけでなく、数か月効果が期待できるため、皮膚のハリや弾力がアップして、きめの整ったお肌が期待できます。

  • Point 3

    ほうれい線などのしわの改善効果

    ハイフを照射することで、「コラーゲン」や「エラスチン」の生成が促進され、弾力やハリが出て、ほうれい線や小じわなどの改善効果期待できます。
    たとえば、目元の小じわの改善には、「ボトックス」が使用されることが多いですが、内出血などの可能性や注射の抵抗のある方は、ハイフをおすすめします。

ハイフのメリット

merit
  • 施術にかかる
    時間が短い

  • 施術した後に
    傷あとが残らない

  • 肌が受ける
    ダメージが少ない

外科手術が不要のため、施術にかかる時間も短く、照射する部位によって前後する場合がありますが、20~30分程度で終わる方が多く、忙しい方にもおすすめの方法です。

また、ハイフはSMAS膜に直接熱エネルギーを照射ができるため、肌の表面に傷が残ることがありません。

そのほかには、ハイフは照射するパワーやショット数を調整することもできるため、患者さまの負担や痛みの軽減が可能です。改善したい部分にピンポイントに照射ができるため、症状に応じた施術ができます。

ハイフの持続時間

ハイフの持続時間は、全顔で約5~6ヶ月、目元周辺で約1.5ヶ月、HIFUシャワーで約1ヶ月効果を実感できる方が多いでしょう。
ハイフで引き締めた筋膜は基本的に引き締まったままですが、加齢などで少しずつたるみが出てきますので、ハイフの効果を維持するために定期的な施術を受けられることを推奨しています。

ハイフの効果が実感できるまでの期間

施術直後から効果を実感できる方が多いでしょう。
効果のピークとしては、全顔で約2~3ヶ月後、目元周辺ならびにHIFUシャワーで直後から1ヶ月後あたりが効果のピークとなります。

当院で使用しているウルトラフォーマーⅢ

ultrafomer III

ハイフの機械の一種で、3つのカートリッジを使い分けて、たるみやしわの改善を目指す医療機器です。
このカートリッジを交換することで、焦点の深さを変更ができ、特定の層に集中してコラーゲンの生成や繊維芽細胞の再活性化を促せます。

また、ウルトラフォーマーⅢは7つの焦点の深さが調整でき、部位や皮膚の状態に合わせて最適な深さに施術ができます。

ハイフの作用機序

照射

ハイフ照射を開始します。50℃~75℃の熱を与えます。

*照射の深さはカートリッジによって異なります。

凝固炎症期

0-48時間
熱ダメージでコラーゲンが縮み始めます。

繁殖期

2日~2週間
熱ダメージで縮んだコラーゲンを回復しようとする動きが起こります。新しいコラーゲンが生み出されます。

成熟期

3週間後
コラーゲンが再生され、肌にハリとツヤが生まれ、シワが軽減されます。

線維芽細胞
筋線維芽細胞
細胞
コラーゲン
肌の真皮層では時間の経過とともに自然にコラーゲンの合成量が減少していきます。
真皮層に照射をして熱ダメージを受けた部位から創傷治癒(Wound Healing)作用が開始されます。

HIFUシャワーも可能

HIFUシャワーとは、顔全体の浅い皮膚層に少ない出力で超音波を当てる方法です。
ウルトラフォーマーⅢは、焦点の深さを調整ができるため、HIFUシャワーも可能で、痛みなどの負担も軽減します。

ウルトラフォーマーⅢの効果

肌質の改善
皮膚の表面の小じわやたるみの改善
目元のリフトアップ
お肌の新陳代謝の促進

全顔治療推奨パラメーター
全顔680ショット(半顔340ショット)

カートリッジ:4.5mm
半顔64ショット

治療部位:頬
ジュール:0.8~0.5J
Pitch:1.0~1.5mm

治療部位:下あご
ジュール:0.7~0.4J
Pitch:1.0~1.5mm

Danger Zone

1
カートリッジ:3.0mm
半顔50ショット

治療部位:頬
ジュール:0.5~0.3J
Pitch:1.0~1.5mm

2
カートリッジ:3.0mm
半顔64ショット

治療部位:頬
ジュール:0.8~0.5J
Pitch:1.0~1.5mm

治療部位:下あご
ジュール:0.4~0.2J
Pitch:1.0~1.5mm

3
カートリッジ:2mm
半顔112ショット

ジュール:0.2~0.1J
Pitch:1.0~1.5mm

4
カートリッジ:2mm
半顔50ショット

治療部位:頬
ジュール:0.3~0.1J
Pitch:1.0~1.5mm

5

HIFU SHOWER(ハイフシャワー:全顔240shot)

カートリッジ:2mm
ショット数:半顔120ショット

治療部位:目の周囲、頬、額
概算施術時間(10~15分)

眼瞼周囲:0.1J~0.2
額:0.1J~0.2J
頬:0.2J~0.3J

ハイフアイシャワーパラメーター
全顔224ショット(半顔112ショット)

カートリッジ:2mm
半顔112ショット

ジュール:0.2J
Pitchi:1.0~1.5mm

あご下パラメーター
合計:140ショット

STEP:1
4.5mmカートリッジ

ジュール 0.6~0.7J
Pitchi:1.0~1.5mm

ショット数:合計70ショット
Ⓐ5ショット+2パス=10ショット
Ⓑ7ショット+8パス=15ショット
Ⓒ10ショット+2パス=20ショット
Ⓓ7ショット+8パス=15ショット
Ⓔ5ショット+2パス=10ショット

STEP:2
3mmカートリッジ

ジュール 0.3~0.5J
Pitchi:1.0~1.5mm

ショット数:合計70ショット
Ⓐ5ショット+2パス=10ショット
Ⓑ7ショット+8パス=15ショット
Ⓒ10ショット+2パス=20ショット
Ⓓ7ショット+8パス=15ショット
Ⓔ5ショット+2パス=10ショット

首パラメーター
合計:180ショット

STEP:1
2mmカートリッジ

ジュール 0.1~0.2J
Pitchi:1.0~1.5mm

ショット数:合計180ショット
Ⓐ25ショット+20ショット=45ショット
Ⓑ25ショット+20ショット=45ショット
Ⓒ25ショット+20ショット=45ショット
Ⓓ25ショット+20ショット=45ショット

鼻の下パラメーター
36ショット

2mmカートリッジ

0.2ジュール(痛い場合は0.1ジュール)
Pitchi:0.1~1.5mm

合計36ショット

       

施術が向いている方

fitting

向いている方

小顔になりたい方
美肌を目指したい方
しわやたるみが気になる方
肌のハリを改善したい方

ハイフは「フェイスライン」「目元」「ほうれい線」「頬」などの顔のパーツに照射ができるため、加齢で少しずつ肌質やしわ、たるみなどが気になる方におすすめの施術です。
ハイフを取り入れることで、美肌効果や肌のハリの向上効果を期待できます。

ハイフの効果を実感しやすくするポイント

point
  • Point 1

    施術後は肌のケアを徹底する

    お肌は、水分量をキープすることが大切ですが、ハイフを照射した後は一時的に水分量が減ってしまいます。
    摩擦や紫外線などの刺激に弱くなっているため、お肌を優しく洗って、十分な保湿をしましょう。
    また、水分が少なくなっているお肌は刺激に敏感なため、紫外線対策をきちんと行い、日焼け止めや帽子などで紫外線から肌を守りましょう。

  • Point 2

    適切な出力やショット数を選択する

    ハイフはお肌の状態や使用する機械によっても、適切な出力やショット数が変わります。
    多すぎても、肌に負担がかかってしまいますし、少ないと適切な効果が得られない場合があります。
    カウンセリングの際にお肌の状態を確認して、どの程度のショット数が必要か確認しましょう。

  • Point 3

    定期的に施術を受ける

    効果を維持し続けるためには、定期的な施術が必要です。
    ハイフの効果は3~6ヶ月程度期待ができますが、お肌が徐々にたるみやしわなどが出てきます。
    そのため、効果を実感し続けたい場合には、ハイフを定期的に取り入れて、効果を維持しましょう。

ハイフ施術の流れ

flow
  • STEP1

    お申し込み

    24時間WEB予約かお電話にてまずはお問い合わせください。

    ご相談のみでもOKです!

  • STEP2

    カウンセリング

    ハイフのメカニズムやご希望に沿ったプランなどを詳しくご説明致します。

  • STEP3

    専門スタッフによる
    診療・施術

    専門スタッフが丁寧にご対応致します。
    どんなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

contact

クリニック情報

clinic
MENU
PAGE TOP